Solar sharing

営農型太陽光発電とは

営農型太陽光発電とは、耕作地に地上から3mの位置に藤棚の様に架台を設置し、太陽光パネルを一定の間隔を空けて並べ、営農を続けながら太陽光発電を行うことである。作物にとって一定の光以上の太陽光は光合成に利用されず(光飽和点)、強い光は作物にとってかえってストレスとなる。営農型太陽光発電で発電した電気は売ることも可能であるが、農業に必要なエネルギーとして使いうことで、コスト削減や収穫増に繋げるなどのメリットもある。この営農型太陽光発電の活用は、日本の農業が抱えている課題を解決する可能性を持っている。

営農型太陽光発電のメリット・デメリット

営農型太陽光発電のメリット

  • 2つの資源

    農業での収穫と太陽光発電の電力と二つの資源を有効活用

  • メンテナンス費の削減

    発電期間中(20年間)農業をするため、草刈りなどのメンテナンス費用が節約できる

  • 就農者の増加

    安定収入になるため、新規就農者を増やす手立てになる

  • グリーンエネルギーの普及

    耕作放棄地などを有効利用できるため、グリーンエネルギー普及に繋がる

営農型太陽光発電のデメリット

  • 設置費用がかかる

    太陽光発電所の建設のためには 設置費用がかかります

  • 農地転用の手続き

    営農型太陽光発電では、一般的な太陽光発電建設の手続きに加え、農地の一時転用申請が必要になります。

  • 生産状況の報告

    設置する地域の農業委員会に生産状況の報告が必要になります。生産量は近隣の8割以上行わなければなりません。

  • 10年毎の更新

    農地を太陽光発電所として活用するために定期的に更新が必要となります。

営農型太陽光発電を採用する理由

農業の再生とエネルギー問題を
同時解決するため

農業は、国を支えてきた大きな産業ですが、現在多くの問題を抱えています。新規就農者の減少や高齢化が進み、後継者がいなくなり、放置される農地は年々増加しています。
その課題や問題を解決する手段が、営農型太陽光発電です。
太陽光発電は、人の手をほとんど必要とせず、収入を安定的に生み出すので、農業に専念することができます。また、自然の力だけを使って発電する方法なので、とってもエコで日本のエネルギー自給率向上に繋がります。

  • 農地を再生させ、農業をより活性化させるシステム
  • 日本のエネルギー自給率を向上できる

つまり、営農型太陽光発電は、メリットいっぱいの仕組みなのです。
株式会社サンヴィレッジは日本の農業とエネルギー問題を同時に解決に導くために営農型太陽光発電を採用しています。

太陽光発電に関する
ご相談・ご質問はこちらから

どんなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話でのお問い合わせ
0284-22-3935
受付時間 9:00~17:00(月~金)
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム